【新大久保 本粥&ビビンバcafe】新大久保では珍しいかぼちゃのおかゆが食べられます

スポンサーリンク

新大久保は数多くの韓国料理店が営業をしていることで
有名なコリアンタウンですが、そんな新大久保でも
「かぼちゃのおかゆ」を提供している店はほとんどありません。

「本粥」は店名が示すようにおかゆの専門店。
同じ名前の店がソウルでチェーン展開してますが
新大久保店はそのチェーンということではなく
名前をあやかった店のようです。
bonjuk4.jpg
bonjuk6.jpg
韓国料理のおかゆだと「あわび粥」が有名ですが
僕が好きなのはかぼちゃのおかゆ。

新大久保には韓国料理店がたくさんありますが
かぼちゃのおかゆが食べられるのは
たぶん、このみせくらいです。

bonjuk1.jpg
韓国料理に欠かせない小皿のおかずもちゃんと付いてきます。

bonjuk2.jpg
おかゆといってもお米ではなく、うらごししたかぼちゃに
白玉とあずきが入ってます。

甘さは結構控えめ。
カボチャの自然な甘味が堪能できます。

メニューにはあずきのおかゆや緑豆のおかゆもあったので
次回はそれにチャレンジしたいと思います。
bonjuk3.jpg


本粥のウエブサイト~http://worldgator.com/bbs/page.php?hid=bonjuk

食べログのページ~http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13176072/

ボンジュク&ビビンバcafe 新大久保店

住所:東京都新宿区百人町1-11-28 PLAT100 11
電話:03-3204-1198

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気ブログをblogramで分析

スポンサーリンク



【荻窪 東京純豆腐ルミネ荻窪店】様々な種類の純豆腐が食べられます

スポンサーリンク

荻窪駅のステーションビル、ルミネの5階の
飲食店街にある「東京純豆腐」です。
位置的にはエレベーターで5階に上がり
左手の奥になります。
純豆腐」の専門店なのでかなりの種類の
純豆腐」が用意されてます。
今回は限定メニューのホルモンスンドゥブ(1300円)を
注文しました。
ライスと韓国料理に欠かせないおかずは別料金でした。
こちらのスンドゥブはベースになるスープが
塩か味噌かノンスパイシーの三種類から選べるので
味噌でお願いしました。
suntubu3.jpg
suntubu5.jpg
suntubu2.jpg
suntubu4.jpg
純豆腐を名乗るだけあって豆腐はちゃんとした
自家製の「純豆腐」。
スンドゥブと言いながら市販の豆腐を使ってる店とは違いますね。
ただ、ニンニクの風味や唐辛子の辛さの具合が
韓国料理店のスンドゥブチゲとは異なりました。
だから、「純豆腐」で「チゲ」という2文字がついてないんでしょうね。
韓国料理の豆腐チゲをイメージして行くと
ちょっと気が鵜かもしれません。
それぞれにカロリーが明示されているので
ダイエット中の方も安心して足を運べる
ヘルシーなお店です。
suntubu1.jpg

東京純豆腐のウエブサイト~http://www.tokyo-sundubu.net/

食べログのページ~http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131906/13103795/


東京純豆腐ルミネ荻窪店

住所:東京都杉並区上荻1-7-1 ルミネ荻窪店 5F
電話:03-5347-9010
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブグ村
ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



「セマウル食堂」~タレント活動もしている有名な料理研究家が考案したオリジナル料理が食べられる韓国料理店@新大久保

スポンサーリンク

セマウル食堂」は2014年の1月に新大久保、というよりは
西武新宿駅北口から2,3分のところにオープンした韓国料理店です。
この店は韓国の料理研究家、ぺク・ジョンウォンという人が
オーナーの店で、韓国国内でもチェーン展開している人気店で日本の一号店は
小岩で2012年に出店。
看板のメニューは薄切りにした豚の肩肉をオガ炭(熱炭=ヨルタン)で
焼く熱炭プルコギ(ヨルタンプルコギ)
sema1.jpg
しゃぶしゃぶ肉のように薄くスライスされた肉に
タレがかけられてます。
sema2.jpg
sema3.jpg
sema4.jpg
タレはコチュジャンと砂糖(?)がベースになっている
甘辛いタレなのでご飯に乗せたり野菜で巻いたり
色々な食べ方ができます。
sema5.jpg

食べログのページ~http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13164920/

セマウル食堂新大久保

住所:東京都新宿区百人町1-1-4T.Kビル1階
電話:03-6205-6226
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



定番のメニューはもちろん、他では食べられないオリジナル料理がおすすめの韓国料理店@東中野

スポンサーリンク

東中野東口から1分ちょっとの所
にある韓国料理店です。路面店ではなく
建物の2階にありますが大きな袖看板が出ているのと
ガラス張りなので場所はすぐにわかります。
20代後半くらいのイケメン男性がマスターなので、
定番の韓国家庭料理だけではなく若い感性で
アレンジされたオリジナルの料理もいろいろ楽しめます。
minzoku2.jpg
納豆豚キムチは多分、韓国では食べられてないと思われる料理ですが
納豆と豚肉、キムチの三つの食材が見事に融合してました。
minzoku3.jpg
のり巻きは600円(税別)ですが
ビビンバは680円(税別)、と新大久保の韓国料理店よりも
かなり割安価格です。
石焼ビビンバはツナやさくらえび等のトッピングが豊富で
全7種類、さらにチーズをトッピングすれば14種類の
石焼ビビンバが食べられます。

何度も足を運んでいろいろ食べてみたくなる店です。
minzoku1.jpg

ホットペッパーグルメのページ~http://www.hotpepper.jp/strJ000961123/
食べログのページ~http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131901/13127860/

民俗村

住所:東京都中野区東中野5-4-8 コヤマビル2F
電話: 03-3227-3338

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



【新大久保 チャムナム家】ランチについてくるおかずの皿数に驚愕の韓国料理店@新大久保

スポンサーリンク

新大久保からも大久保駅南口からも徒歩で4分くらいの
ところにある韓国料理店です。
韓国料理といえば注文とは別にサービスでついてくる「おかず」が
有名です。最近は物価高も影響してるんでしょうか
おかずが出てこなかったり、出てきても3品ほどという
店が増えてきました。
これも時代の流れなんでしょうか。
ところが、チャムナム家のランチで出てきた
おかずの数はなんと7皿。
tyampar3.jpg
注文したユッケジャンも具だくさんでお得感はバッチリでした。
tyampar2.jpg
大久保通りや職安通りといったメインストリートから離れた
ところにある店なので静かに本物の韓国料理を味わいたい人に
おすすめの店だと思います。
tyampara1.jpg

食べログのページ~http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13000083/

住所: 東京都新宿区百人町1-3-3
電話:03-3205-9233

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



プライバシーポリシー

【当サイトに掲載される広告について】 当サイトでは、第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 【当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて】 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
公開日: 2016/10/19 最終更新日:2017/01/13