そばと天ぷらのクオリティが意外に高い完全立ち食いそば@新宿東南口

スポンサーリンク

新宿駅東南口の階段を下りてパチスロ店「グリーンピース」伝いに
一本奥の小道に行ったところにある年中無休24時間営業の
完全立ち食いそば店「千曲そば」です。
なぜ「完全」としたかといえば最近は立ちそばでも椅子が設置されてる
店が増えてきているから。
千曲は椅子はなくお客さんは立って食べるのみ。
なので完全立ち食いそばです。
この千曲、セットメニューがかなり充実してます。
そんなセットメニューの中でも一番のおすすめは天丼セット
tikuma2.jpg
サイズ的にはあまり大きくありませんがかなりぶっとい海老が
使用されていてしかも揚げたて
千曲は店内にフライヤーがあり、天ぷら揚げたてなんです。
また、そばも生そばを使用。茹で上がったら一度水で締めて使用してます。
tikuma3.jpg
そば粉のざらっとした食感があり、意外なおいしさでした。
tikuma1.jpg

Rettyグルメのページ~http://retty.me/area/PRE13/ARE1/SUB101/100000032745/

千曲そば

住所:東京都新宿区新宿3-36-2
電話:03-3350-9963

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram


スポンサーリンク



こだわりぬいた素材に丁寧な仕事を加えた後味スッキリのらーめん@高円寺

スポンサーリンク

ひら石は高円寺駅北口の第一市場の中にある
カウンター席のみのラーメン店です。
ひら石の特徴は、
スープには長崎の平子煮干し、北海道の昆布を使用、
麺はかん水や卵を不使用、水は自然回帰水を使用と細部にまで
こだわりぬいたラーメンを食べさせてくれること。
hiraisi3.jpg
煮干しは丁寧に内臓を取り除いているんでしょう、
煮干し系のラーメンにありがちなえぐ味がなく
かなりすっきりした味わい。
といってもあっさりしているわけではなく
濃厚なコクがあります。
hiraisi2.jpg
1個160円で2個から注文できる餃子
文字通りジャンボ。
写真の奥にあるコップと比べるとその大きさがわかると思います。
hiraisi1.jpg

高円寺純情商店街のウェブサイトのページ~http://www.kouenji.or.jp/shop/food/hiraishi.html
食べログのページ~http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13011709/

らぁめんひら石

住所: 東京都杉並区高円寺北3-22-8大一市場内
電話:03-3310-8922

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram


スポンサーリンク



異国情緒漂う店内でいただくケバブ丼@高円寺

スポンサーリンク

高円寺駅北口から阿佐ヶ谷方面に向かう中通り商店街に
あるトルコレストラン&バー ラーレです。
最近、ドネルケバブの店ってちょくちょく見かけるようになってきましたが
多くの店はケバブサンド、ケバブラップ、ケバブ丼を販売する
テイクアウト専門店だったりします。
コチラのラーレは店名に「レストラン」とついているように
店内で食事ができる店。
メニューもいろいろ用意されてます。
lalepara1.jpg
注文したのはケバブ丼。
食べたことがないメニューに興味があったんですが
今回はほかでも食べたことがあるケバブ丼を注文することにしました。
lalepara2.jpg
お肉はジューシーでほんのりスパイシー。
lalepara3.jpg
再訪時には友人を誘って行き、
いろいろ注文してみたいと思います。

高円寺中通り商店街のウェブサイト~http://nakadori.jp/shop/0332238060.html

食べログのページ~http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13171725/

トルコレストラン&バー ラーレ

住所:東京都杉並区高円寺北3-22-2
電話:03-3223-8060

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



食べ放題の前菜のクオリティの高さに大満足の韓国料理店@新宿

スポンサーリンク

都内近郊で韓国家庭料理の店や韓国惣菜のテイクアウト専門店を
チェーン展開する「妻家房」による前菜ビュッフェスタイルの
韓国料理店「パプサン」です。
新宿駅東口に直結しているルミネエストの7階にあります。
メインの料理を選び、前菜的なおかずはビュッフェスタイルで
食べ放題。ソフトドリンクの飲み放題を追加すると1500円くらいに
なってしまい、新大久保界隈のフルバイキングの韓国料理店と比べると
5割くらい高めになってしまいます。
pabsan2.jpg
pabsan1.jpg
ただ、その分前菜はかなり丁寧に造られ美味しいです。
pabsan3.jpg
チヤプチェは太目でプルプルした食感。
元になる唐麺のグレードが高いことがわかります。
チジミは多めの油で揚げ焼きされていて表面がカリカリサクサク。
pabsan4.jpg
ジョリム(煮物)は大根と干しエビの炊き合わせ。
海老の風味が大根にしっかりしみ込んでました。

メインの料理は日本人の味覚に合わせて
辛さはかなり控えめになってましたが、
食べ放題前菜の美味しさだけで大満足です。

妻家房のウェブサイト~http://www.saikabo.com/
Rettyグルメのページ~http://retty.me/area/PRE13/ARE1/SUB101/100000863239/

Pab-sang新宿ルミネエスト

住所:東京都新宿新宿3-38-1 ルミネエスト7F
電話:03-3354-0108

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



看板メニューの豚カルビは本場・韓国で食べるよりも美味しい、と評判の店@新大久保

スポンサーリンク

モイセ』は新大久保駅から徒歩5ふんほど。
大久保通と職安通りを結ぶ「イケメン通り」にある
韓国家庭料理と炭火焼肉の店です。
お店の看板メニューで、テレビ等のマスコミにも
たびたび登場するのが「豚カルビ」。
今回、お邪魔した時にもテレビでたまにお顔を拝見する方が
ご友人と来店、豚カルビを召し上がってました。
もちろん、僕等の注文も豚カルビです。
moise2.jpg
骨付きの豚カルビはかなりのビッグサイズ。
しかもやわらかく、揉みダレの味もしっかり染みてました。
moise1.jpg
moise3.jpg
サラダはじめ野菜類がメインのおかず
付いてくるので焼肉を食べるときに
心配な野菜不足も気にせずに済みます。

モイセのフェイスブックページ~https://ja-jp.facebook.com/shinookubo.moise

WOW新大久保のページ~http://www.wowsokb.jp/moise/



モイセ

住所:新宿区大久保1-15-11 
電話:03-3205-2373
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



スタイルは家系の王道を継承していますが味は独自の世界を作り上げているラーメンチェーン店@阿佐ヶ谷

スポンサーリンク

「せい家」は都内近郊で30店舗を展開する
ラーメンフランチャイズチェーン
阿佐ヶ谷店は南口のアーケードに入って30秒ほどの
左手にあります。
seiya2.jpg
seiya1.jpg
seiya3.jpg
スープは豚骨しょうゆ、ディフォルトでのりやほうれん草が
トッピングされ、おろし生姜、おろしニンニク、豆板醤で
味をカスタマイズできる等、せい家のラーメン
典型的な家系らーめん
家系王道継承しています。

ただ、その味わいはかなりマイルド。
また、麺は太麺と細麺が選べる等、
せい家独自のスタイルを作り上げてます。
seiya5.jpg
若干、量が少なめですがラーメン1杯500円と
価格面でもせい家のスタイルを貫いてます。

せい家のホームページ~http://www.seiya-net.com/
エキテンのページ~http://www.ekiten.jp/shop_209835/


住所:東京都杉並区阿佐谷南2丁目16-4
電話:03-3317-8887

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



自家製麺に化学調味料不使用のラーメンに超分厚いチャーシューをトッピング@荻窪

スポンサーリンク

「二葉」は荻窪駅の西口から2分ほどの所にあるらーめん店です。
オープン当初は北口の教会通りにありましたが、
現在の場所に出店した後、教会通りの店は閉店。
今はこの上荻店が唯一の二葉です。
futaba1.jpg
二葉のラーメンの特徴は自家製麺と化学調味料を使用せずに
鯖節煮干し等で丁寧に造られたスープです。
メンマも 台湾産の最上級乾燥メンマをじっくり戻しているので美味。
素材にこだわり、そこに丁寧な仕事を加えているのが
二葉のラーメン、と言えます。
写真はチャーシューワンタンメンに厚切りチャーシュー
トッピングした、僕のお気に入りメニュー。
futaba2.jpg
この厚み、ボリュームがディフォルトのラーメンの美味しさを倍加してくれます。
futaba3.jpg

ラーメン二葉のウェブサイト~http://ogikubo-futaba.com/
ラーメンデータベースのページ~http://ramendb.supleks.jp/s/8001.html

ラーメン二葉

住所:東京都杉並区上荻1-16-14 武蔵館ビル1F
電話:03-3392-3537 
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



オープンから23年になる老舗で味わう韓国料理@新大久保

スポンサーリンク

「コリアスンデ家」は大久保駅南口、新大久保駅の両駅から徒歩で
4分ほどの所にある韓国料理スンデ専門店です。
スンデは韓国式の腸詰めの事で、こちらの店はその専門店。
オープン以来23年になる、コリアンタウン新大久保でも
最古参の部類に入る韓国料理店です。
sunde3.jpg
sunde2.jpg
ちゃんとしたスンデが食べられる店はあまりないので
混雑していた店内は韓国人のお客さんも
大勢いらっしゃってました。
sunde1.jpg
こちらのチゲはビジチゲ
おからのチゲで、ローカロリーでヘルシーなメニューですが
ビジチゲを販売している店はあまりありません。

いつもと違った韓国料理を食べてみたい方は
コリアスンデ家に足を運んでみては?

コリアスンデ家のウェブサイト~http://www.soondaezip.com
ぐるなびのページ~http://r.gnavi.co.jp/ak4m695c0000/

住所:東京都新宿区百人町1-3-3サンライズ新宿A 1階
電話:03-5273-8389

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram



スポンサーリンク



ここでしか食べられないのり巻きが年中無休24時間営業であじわえます@新大久保

スポンサーリンク

新大久保コリアンタウンに何店舗か店を構える
明洞のり巻き」の新大久保店です。
新大久保駅から大久保通りを明治通りに向かって
3分ほど歩いた右手にあります。
職安通りに本店があり、この店のもう少し先にある
「どんなりざ」という店も系列店になります。

店名に「のり巻き」と入っているように
この店は韓国で粉食店と呼ばれるスタイルのお店。
韓国料理でおなじみの焼肉系のメニューではなく
のり巻きやおでん、トッポッキ等が食べられる
韓国式ファーストフードといった感じの店です。
myonnori2.jpg
3本ののり巻きがセットになった「盛り合わせ」は1000円。
価格もほかの家庭料理の店よりは安価に設定されてます。
ちなみに手前は黒米のり巻き。真ん中はノーマル。
奥のは海苔でご飯を巻くのではなくご飯で海苔を巻いた
ヌードのり巻き
myonnori3.jpg
餃子は6個で500円。
野菜たっぷりの手作り餃子です。
中国の水餃子は皮が厚めですがこちらの水餃子
皮が薄めになってます。
myonnori1.jpg
一般的なイメージの韓国料理とはひと味違った
韓国料理が食べられるお店です。

WOW新大久保のページ~http://www.wowsokb.jp/mnorimaki/
食べログのページ~http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13123376/

住所:東京都新宿区百人町1-3-17 
電話:03-3232-8896
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram


スポンサーリンク



ニュージランドビーフのステーキとハンバーグの専門店@南阿佐ヶ谷

スポンサーリンク

「ハンバーグ&ステーキ 紅矢」は南阿佐ヶ谷から徒歩で3分弱、
杉並区役所の裏手にあります。
店名にあるようにハンバーグとステーキが食べられる専門店ですが
紅矢さんが他店と大きく違うのは
ニュージーランドビーフを使用している店だということ。
放牧による牧草で飼育されているので
肉質はやわらかくさっぱりとした味わいのステーキ、ハンバーグが味わえます。
beniya2.jpg
beniya4.jpg
beniya1.jpg
ハンバーグとステーキ、それぞれが180グラムずつの
ラージコンボはライス付きで1380円、とかなりリーズナブルな価格。
beniya3.jpg
ファミレス感覚で本格的なステーキとハンバーグが食べられるお店です。

ハンバーグ&ステーキ紅矢のウエブサイト~http://www.beni-ya.info/
食べログのページ~http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131905/13011745/

住所:東京都杉並区阿佐谷南1-12-5 クリオレミントンハウス 218
電話:03-3316-6685

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram




スポンサーリンク



プライバシーポリシー

【当サイトに掲載される広告について】 当サイトでは、第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 【当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて】 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
公開日: 2016/10/19 最終更新日:2017/01/13