【高円寺 名代そば茶屋】店の造りも粋な「そば茶屋」

スポンサーリンク

街道筋にあった「そば茶屋」を再現したような店内


「名代そば茶屋 昇月庵」は高円寺南口の商店街
パル通り商店街にある蕎麦屋さんです。
パル通りのアーケードが途切れる手前にあり、
目印は店頭の緋毛氈
場所的にはパル通り商店街とルック商店街の
境目あたりになります。
店内は、ほぼ中央にあるおひとり様用の
大テーブルには野点傘が立てられていて
古の街道筋にあったそば茶屋、といった感じの造りになってます。
sotya5.jpg
sotya1.jpg

蕎麦はのど越しがしなやかなタイプ


そんな店内の雰囲気から挽きぐるみを使用した田舎蕎麦
想像していたんですが、せいろそば(500円)は御前そばに
近い感じでしなやかなのど越しのそばでした。
sotya4.jpg
sotya3.jpg
天丼(1000円)は尻尾がどんぶりからはみ出してしまうくらいの
大きな海老天がおいしかったです。


そば茶屋せいろ

大テーブルに4人掛け、2人掛けのテーブル席があり
店内右手には小上り席も用意されているので
一人でも家族や同僚が一緒でも、気軽に利用できるお店です。

sotya2.jpg

名代そば茶屋 昇月庵



住所:東京都杉並区高円寺南3-46-10
電話:03-3311-4570
営業時間: 11:30~16:00/17:30~20:00(L.O.19:30)

食べログのページ

2016年2月16日に投稿した記事に
2017年1月22日に加筆修正しました

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



【総本家小松庵 新宿高島屋店】新宿の夜景を見下ろしながら頂く蕎麦は格別の味わい

スポンサーリンク

駒込に本店がある「手打ち蕎麦 小松庵総本家」の新宿店です。 
住所的には渋谷区になる、タカシマヤタイムズスクエアの13階にあります。

伝統を守りながらも新しい感覚が取り入れられてます



小松庵は創業が大正11年の老舗の蕎麦屋さん。
伝統を受け継ぎながらも、そこにとらわれることなく
和食やフレンチ、イタリアンからも学び、
蕎麦専門店、蕎麦居酒屋、蕎麦懐石といった
既存の言葉では括れない、独自の世界観を
造り上げている蕎麦屋さんです。
komatulogo.jpg

白木をベースにした清楚な感じの店内に流れている
BGMは純邦楽をポップにアレンジした和洋折衷の音楽。
ここにもこちらのお店の独自性が感じられます。

十割そばのしっかりしたのど越しは老舗の小松庵ならでは



蕎麦のメニューは生粉打ちの十割そばが中心。
komatumenue.jpg

ネットのレビューサイトには「値段が高め」という感想も
投稿されてますが、蕎麦の香りがしっかり漂う
十割そばなのでむしろ割安感があるように思います。
komatuseiro.jpg

ビルの13階、という事で外の景色を楽しみながら
頂く蕎麦はおいしさもひとしおです。
今回、冬のイルミネーションがあまりにもきれいだったので
写真を撮ってみましたが、店内の様子が写り込んでしまい
上手に撮影できなかったのが残念です。
komatuoutside.jpg

小松庵 総本家 新宿高島屋店


住所:渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 新宿タカシマヤ 13F
電話: 03-5361-1865
営業時間: 11:00~23:00

総本家小松庵のホームページ
小松庵 総本家 新宿高島屋店の
食べログのページ
タイムズスクエアレストランズパークのページ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

blogramのブログランキング

スポンサーリンク



2017年の年明けうどんを「はなまるうどん」で!

スポンサーリンク


「年明けうどん」はさぬきうどん振興協議会が2009年より
提唱している、新たな麺食行事の普及を目的としたイベントです。
大晦日に食べる「年越しそば」は年末の日本の風物詩として
定着してますが、「年明けうどん」は、まだまだ歴史が浅く、
ご存じない方もいらっしゃるようですが、徐々に定着してきているように
思います。
僕もちゃんとした形で「年明けうどん」を食べるのは
今年が初めてです。

はなまるうどん中野通り店4
お邪魔したのは「はなまるうどん 中野通り店」。
中野駅の北口から中野通りを早稲田通りに向かって
3分ほど歩いたところのビルの地下にあるお店です。

「はなまるうどん」は他のチェーン店と違って
地下に店舗を構えているお店が多いようですね。

うどんそのものの美味しさがストレートに味わえます



今回、オーダーしたのは「おろししょうゆうどん」。
ゆでたてのうどんに刻みネギと大根おろしを合わせ、
特製しょうゆで食べるメニューです。
はなまるうどん中野通り店3

麺ツユではなく、しょうゆで食べるシンプルなメニューなので
うどんそのものの美味しさがダイレクトに伝わってきます。

はなまるのうどんの特徴は?



都内には個人店、チェーン店を併せ讃岐うどんを提供している店が
いくつかあります。
その中で僕が感じている「はなまるうどん」の特徴は
讃岐うどんならではのコシの強さに加えて
「ツルツル」したのど越しも味わえることです。

はなまるうどん中野通り店5

他のお店の「讃岐うどん」と比べるとなめらかな
感じがするんですよね。

その秘訣なのかはわかりませんが、
はなまるのうどんは
はなまるうどん中野通り店2
1玉にレタス一個分の食物繊維が含まれているそうです。
また、水は軟水を使用している、との事。

この辺がはなまるならではのうどんの
特徴になってるんじゃないでしょうか?

はなまるうどん 中野通り店


住所:東京都中野区中野5-67-6
電話:03-5913-0650
営業時間: 7:30~24:00
はなまるうどんの
ホームページ
食べログのページ
ぐるなびのページ

はなまるうどん中野通り店1
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

blogramのブログランキング

スポンサーリンク



都内で食べることが出来るそばとうどんを紹介します

スポンサーリンク

後世に残したい日本の伝統的な文化である蕎麦饂飩

スパゲッティやフォー、ククス等々。
麺を食べる習慣は世界各国に存在します。
sobaudonn1.jpg
sobaudonn2.jpg
sobaudonn3.jpg

その中でも日本の蕎麦饂飩は様々なバリエーションがある、
他国に類を見ない日本固有の文化。
udonnuti4.jpg
sobauti4.jpg

職人によって手間をかけて打たれた蕎麦から
駅前で気軽に食べられる立ちソバ。
sobauti1.jpg
sobauti3.jpg
sobauti2.jpg
地方によって太さや食感が異なるウドン。
udonnuti1.jpg
udonnuti2.jpg
udonnuti3.jpg
蕎麦饂飩の文化はのちの世代に遺して行く事はもちろん
外国の方々へも知ってもらいたい文化だと思います。

都内のソバ屋さん、ウドン店を紹介します

2017年の年明けを期に、このブログはタイトルと内容を
リニューアルし、東京都内にある蕎麦屋さんやウドン店を
紹介して行きます。

このブログをご覧になって方が
蕎麦饂飩を食べに行く際の参考にしていただければ幸いです。

fujisobanakano2.jpg

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
blogramのブログランキング

スポンサーリンク



プライバシーポリシー

【当サイトに掲載される広告について】 当サイトでは、第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 【当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて】 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
公開日: 2016/10/19 最終更新日:2017/01/13