【高円寺 そば処藪そば】見た目はかなり昭和レトロですが名店の味はしっかり守られてます

スポンサーリンク

駅から徒歩5分で感じる昭和の風


「そば処藪そば」は高円寺駅の北口からマクドナルドの脇、
線路とほぼ並行している道を阿佐ヶ谷方面に約5分ほど
歩いたところにあるそば屋さんです。
yabusoba1.jpg
テープで補強してある看板の電話番号は7桁表記。
かなり年季が入ってます。

若者の街のイメージが強い高円寺ですが
駅から5分ほどで雰囲気がガラッと変わってしまうんですね。

こじんまりとしている店内には蕎麦から中華のメニューまで、
かなり幅広いジャンルのメニューが張り出されてました。

yabusoba2.jpg

昔の蕎麦屋さんのメニューには中華そばとか普通にあったし、
街の中華屋さんではオムライスが人気のメニューだったりしたので
かなり「懐かしい雰囲気」です。
ちなみにこちらの「藪そば」さんのメニューには
チャーハンや餃子もありました。

蕎麦の味には伝統の藪のスタイルがしっかり守られてました


蕎麦の三大流派と言われるのは「藪」、「更科」、「砂場」ですが
こちらの「藪そば」はその三大流派の一つの「藪」を店名に冠したお店。
こちらの店のそばつゆは
藪の特徴である、ダシよりもかえしの強いスタイル。

伝統の味がしっかり受け継がれてました。
yabusoba3.jpg

「藪」の暖簾を掲げるお店の「藪睦会」の加盟店


「藪」そばを屋号にしているお店の親睦会に「藪睦会」というのが
あるんですが、高円寺の「藪そば」はそちらにも加盟しているお店。
意外な場所で伝統の味が楽しめました。

そば処 藪そば


住所:東京都高円寺北3-8-13
営業時間:11:00~20:00
店休日:火曜日
電話: 03-3337-2323

藪睦会会員店リスト
食べログのページ
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



【 阿佐ヶ谷 蕎麦冷麦 嵯峨谷 】蕎麦もですが山形だし御飯が食べられるのが魅力です

スポンサーリンク

低価格で十割そばが食べられるチェーン店


最近、徐々に遠保数が増えてきている
廉価石臼挽き十割蕎麦チェーン、「嵯峨谷」の阿佐ヶ谷店です。
2016年の12月頃に阿佐ヶ谷駅の北口ロータリーの
向こう正面にあるバーガーキングの隣にオープンしました。

店内は他の嵯峨谷と同様に、木をベースにした
「和」を感じさせる雰囲気。
asagayasagatani1.jpg 

asagayasagatani5.jpg

今回お邪魔したときにはBGMに落語が流れてました。
(BGMといっても音楽じゃないですが・・・)
多分、演目は小三治師匠の「時そば」。

時そばを聴けるそば屋さんってなんかいいですね。

お気に入りは山形だしご飯



券売機は店外の入り口の右手脇に設置。
「山形だし御飯セット」を大盛りで食べることにしました。
asagayasagatani2.jpg

山形だしを食べるのは、以前、牛めしの「松屋」に
期間限定で登場して以来。久しぶりです。

山形だし、食べる機会があまりないので
詳しくないんですが、「こうじゃなきゃいけない」という
決まりは無いようです。
asagayasagatani4.jpg

嵯峨谷の「山形だし」はきゅうりとオクラ、めかぶが
ベースになってました。
食感が大きく異なる野菜がミックスされていて
不思議な食感になってましたが、
美味しかったです。

というか、ハマりそう。

asagayasagatani3.jpg
嵯峨谷の蕎麦は機械で製麺されているので太さが均一に
なってるのでツユへの絡み方も安定してますね。

蕎麦冷麦 嵯峨谷 阿佐ヶ谷店



住所:東京都杉並区阿佐谷北2-13-2
営業時間:平日=07:00~23:00
土日祝=10:00~22:00
店休日:無休
電話:03-5356-6228
Rettyグルメのページ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

ブログランキングならblogram
【嵯峨谷関連の記事】
【嵯峨谷 小滝橋通り店】田舎風のウッディな店造りが雰囲気満点の立ちそば店
【嵯峨谷 小滝橋通り店】冷麦が「細打ちのうどん」であることを実感できました

スポンサーリンク



【東中野 十割蕎麦製麺所・名代天晴酒場】そば粉の原産地、蕎麦の太さによる食べ比べができるこだわりの蕎麦店

スポンサーリンク

純国産のそば粉を使用した蕎麦が食べられる店


「十割蕎麦製麺所・名代天晴酒場」は純国産の希少価値の高い
そば粉を使用した十割蕎麦が食べられる蕎麦居酒屋です。
apparesotokanban.jpg
お店のイチオシは福島県産のブランド蕎麦である
「会津のかおり」を使用した蕎麦。

それだけではなくもう一種類、鹿児島産の「鹿屋在来種」という
そば粉を使用した蕎麦も提供されていてお好みで
そば粉を選んで注文できます。

残念ながら「手打ち」ではなさそうですが
そば粉の原産地に加えて太打ち、細打ちが選べます。
apparesobamenue.jpg

会津伝統のそば粉である「会津のかおり」を使用した蕎麦を太細食べ比べ


何を注文するかちょっと迷った末に
会津のかおりの蕎麦の太麺と細麺を注文して食べ比べてみることにしました。

appareaizuhoso.jpg
細麺
appareaizufuto.jpg
太麺

鹿児島産の蕎麦は温と冷が選べますが、会津のかおりは
冷のみの提供のようなので、もりそばをオーダーしました。
(メニューは「ざる」となってましたが海苔が乗ってなかったので
「もり」と書かせていただきます)

当然ですが、麺の太さが違うとつゆとの絡み方が
変わってくるので食感や味わいがかなり異なります。

このことを改めて実感できただけでもこの店に来たかいがありました。

食べログ等の店舗名が「天晴酒場」となっていたりと、
どちらかと言えば居酒屋よりのスタンスのお店ですが
そば粉へのこだわり等、蕎麦が好きな人ならば一度は足を運んでおくべき
店なんじゃないでしょうか?


今回は会津のかおりだけを食べましたが
機会があれば産地による食べ比べを実施してみたいと思います。

apparegaikan.jpg


十割蕎麦製麺所・名代天晴酒場



住所:東京都中野区東中野5-3-6 東中野トーシンビル 1F
営業時間:17時30分~23時15分
店休日:月曜日
電話:03-6908-8835

食べログのページ
江戸一グループのホームページ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



【新高円寺 きがるそば】セットメニューにトッピング、おまかせetc.驚きのメニューの多さを誇る立ちそば店

スポンサーリンク

実は親会社のあるチェーン店です


「きがるそば」は地下鉄丸ノ内線の新高円寺駅から
徒歩で1分弱。青梅街道と高南通りの交差点近くの
青梅街道沿いにある、立ち食いそば店です。
kigaruoutside1.jpg

あまり聞かない名前なのでネットで検索してみたら、
外食店チェーンの『江戸一』が経営している店舗で、
以前はもう一店舗あったようですが
現在は新高円寺店のみ、というお店でした。

ここでしか食べられないものもある、かなり多彩なメニューが特徴


上に掲載した写真からもお分かりいただけるように
「きがるそば」の特徴はかなり多彩なメニュー。

kigaruoutside2.jpg
写真、文字、A型看板といろいろなメニューが告知されてます。

kigarumenue.jpg
もりそばやかけそばは260円と価格もリーズナブル。
ご飯ものとのセットも充実していて、
「合鴨そば」や「チャーシューそば」といった他の
立ちそばにはないメニューも!

kigarutikect.jpg
「名物」はたぬきときつねに温玉がトッピングされた
2番ボタンの「ばかしそば」。
2種類のトッピングが店員さんのおまかせになる
3番ボタンの「おまかせ2種類盛」もユニークですね。

kigarusignboard.jpg
A型看板でプッシュされている「肉ニラそば」も
気になります。

「讃岐うどん」は店頭だけじゃなく店内でも
告知されてました。
kigaruudon1.jpg

今回はかなり悩んだ末に・・・

kigarusoba1.jpg
kigarusoba2.jpg
シンプルにもりそばをお願いしました。

しっかり冷水で〆られていて美味。
次回、新高円寺に足を運ぶ時には
讃岐うどんを注文してみたいと思います。


立ち喰い きがるそば



住所:東京都杉並区高円寺南2-16-21
営業時間:7:30~21:00
店休日:年中無休
電話:03-5305-6020

江戸一グループのホームページ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



【JR中野駅 あじさい茶屋】辛めのツユなので江戸風のちょっと浸けてすするスタイルの食べ方がおススメ

スポンサーリンク

これぞ立ちそばの正しい利用法でしょう^^



あじさい茶屋はJR系のNRE(日本レストランエンタプライズ)が
運営する立ちそば店で、都内には10店舗ほど。
ajisaisoba5.jpg
ajisaisoba6.jpg
JR中野駅には1,2番線ホームと5,6番線ホームの2か所に
店舗があり、今回は中野どまりの総武線から三鷹行きに乗り換える際の
電車の待ち時間(5分ほど)に利用しました。

こういう、短時間でサッと立ち寄ってサッと食べるのが
立ちそばの正しい利用法ですよね?

券売機はSuicaの利用が可。
時短を考えるとありがたいです。

ajisaisoba3.jpg
ajisaisoba9.jpg
さりげなく品質のアピールも(笑)。

ajisaisoba7.jpg
トッピングの追加は現金でもOK。
これもありがたいです。

着丼までは1分ほどでした


そばは昔ながらの「茹でめん」を使用。
ajisaisoba8.jpg
立ちそばは時間がすべてですからね~。

ajisaisoba10.jpg
そばつゆは味がかなり濃い目。

そばをどっぷり浸けてしまうと後々、のどが渇きそうです。
なので、江戸風の半分だけつゆに浸けるスタイルの
食べ方が良いかもしれません。

乗り換え時間の5分で余裕で完食できました!
これぞ、正しい立ちそばですね!!

あじさい茶屋 中野1・2号店



住所:東京都中野区中野5-31-1
営業時間:(月~金)6:40~22:00
       (土日祝)6:40~18:00
店休日:年中無休
※年末年始等は営業時間が異なる場合がございます。

食べログのページ


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



プライバシーポリシー

【当サイトに掲載される広告について】 当サイトでは、第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 【当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて】 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
公開日: 2016/10/19 最終更新日:2017/01/13