【新宿駅東口 手打ちそば 大庵】蕎麦にこだわり、肴にこだわりの粋な店

スポンサーリンク

接待にも使えそうな落ち着いた雰囲気


新宿駅東口のほぼ目の前、徒歩で1分ほどの
所にある「大安ビル」の2階にある手打ちそばの店、大庵です。
daian1.jpg

店内は間接照明に照らされた落ち着いた雰囲気で、
オープンキッチンを囲んだカウンター席。
パーテーションで仕切られた半個室てきなテーブル席、
明るめの照明の小上がりとそれぞれに趣が
異なる客席が用意されていて、デートでも
商談や接待でも、それぞれの目的で利用できそうな
店舗造りになってました。

素材を活かした肴類


肴類は、焼き物や揚げ物、お造り等がバランスよく
ラインナップされてました。
daian5.jpg
注文した料理のすべてが素材本来の持ち味を
活かした繊細な味付け。
大人の味覚にマッチした料理でした。
daian6.jpg

蕎麦粉の香りが楽しめるコシの強い「田舎そば」


蕎麦は「せいろ」、粗挽きの蕎麦粉で打った太めの
「田舎せいろ」、せいろと田舎をブレンドした「野武士そば」の
3種類が用意され、それぞれに異なるのど越し、味わいが楽しめました。
daian2.jpg
特に、蕎麦粉本来の香りが楽しめた田舎せいろは、
追加でオーダーしてしまうほどのおいしさでした。
daian3.jpg

食べログのページ~https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13000873/

新宿駅東口 手打ちそば 大庵



住所・東京都新宿区新宿3-36-6 大安ビル 2F
電話・03-3352-5113(お問い合わせ専用番号)
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



【武蔵小山 更科 京屋】蕎麦の基本的なおいしさが楽しめる「せいろ」のメニューのバリエーションが充実した蕎麦屋さん

スポンサーリンク

武蔵小山で頂く更科系の蕎麦


東急目黒線武蔵小山駅のランドマークともいえる
アーケードの商店街、パルムを3分ほど中に入り、
マクドナルドがある角を左に曲がって数軒先の所にある
蕎麦屋さん、「更科 京屋」です。
sarassinakyoya1.jpg
間口はそれほど広くなく、どちらかといえば
こじんまりとした感じで、「こだわりの蕎麦屋さん」というよりは
「町のおそば屋さん」といった感じの佇まい。
ご飯もののメニューもいろいろ用意されていて
そばにかやくご飯を追加、
丼にミニそばを追加というサービスセットはランチタイムのみならず
終日注文できます(追加料金はそれぞれ250円)。

「せいろ」のメニューのバリエーションが豊富


京屋さんのメニューでまず、目についたのが
「せいろ」のメニューがいろいろ用意されていること。
壁に掲示されているせいろのメニューだけでも
「若鳥せいろ」「とろとせいろ」「なめこおろしせいろ」「カレー南せいろ」
「三色せいろ」「天ざるせいろ」の6種類。

冊子形式の献立表にはさらに
「たぬきせいろ」「ごまだれせいろ」「納豆せいろ」「鴨せいろ」「三味せいろ」等々。
蕎麦好きにはたまらないラインナップです。

ちなみに「三色せいろ」は茶そば、更科そば、細うどんの3種類。
「三味せいろ」はなめこおろし、とろろ、胡麻の3種類。

蕎麦の食べ比べが趣味な僕としてはほぼ、迷うことなく
三色せいろを注文しました。

三段重ねの三色せいろは見た目にもゴージャス



注文からほどなくしてやってきた三色せいろは・・・
sarassinakyoya2.jpg
見た目にもボリューム感満点。

sarassinakyoya3.jpg
茶そばのツルツルしたのど越し。
sarassinakyoya4.jpg
しなやかな外見とは裏腹にコシの強い更科そば。
sarassinakyoya5.jpg
細いながらも蕎麦とは違ううどんとしての自己主張をしていた細うどん。

それぞれに個性が異なる3種の麺が楽しめて
大満足でした。

食べログのページ~https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131710/13074090/

武蔵小山 更科 京屋



住所・東京都品川区小山3-22-21
電話・03-3782-8486
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



【嵯峨谷 小滝橋通り店】冷麦が「細打ちのうどん」であることを実感できました

スポンサーリンク

細部にまで気を配った民芸調の店内



「嵯峨谷 小滝橋通り店」は一年ほど前にも一度、
紹介しましたが、今回は冷麦を食べてきたので
レポをアップします。

以前の記事でも書きましたが嵯峨谷の店内は
ウッディなイメージで統一された民芸調の雰囲気です。

sagahiya1.jpg
sagahiya3.jpg
sagataniyan.jpg

立ち食いそば店はとかくスピード感が重視され、
あわただしい空気が漂いがちですが、
嵯峨谷はどこの店に行ってもゆったりした雰囲気ですね。

市販の冷麦とは明らかに違いました



スーパーなどで売られている冷麦は素麺の同じ乾麺スタイルなので
どちらを食べてもいまいち、その違いが判りません。
冷麦と素麺の定義によると素麺は小麦粉と食塩水に
食用油を加えて伸ばして乾かしたもの、だそうですが
市販品だと冷麦も乾麺だったりするので
実際に食べてみてもほとんど違いは無いように思えます。

ところが、嵯峨谷の冷麦は・・・

sagahiya4.jpg
見た目からして明らかに素麺とは異なります。

もちろん、食感も。

sagahiya5.jpg
冷麦の定義にあるように「細打ちのうどん」で
のど越しがかなりしっかりしてました。

これから夏に向けて、食べる機会がグンっと増えそうです。
できれば蕎麦と冷麦の盛り合わせなんかが
あったらかなりうれしいのですが・・・^^。
食べログのページ~https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13165656/

嵯峨谷 小滝橋通り店



住所・東京都新宿区西新宿7-5-6 新宿ダイカンプラザ756館 1F
電話・03-6908-9303

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

ブログランキングならblogram
【嵯峨谷関連の記事】
【 阿佐ヶ谷 蕎麦冷麦 嵯峨谷 】蕎麦もですが山形だし御飯が食べられるのが魅力です
【嵯峨谷 小滝橋通り店】田舎風のウッディな店造りが雰囲気満点の立ちそば店

スポンサーリンク



プライバシーポリシー

【当サイトに掲載される広告について】 当サイトでは、第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 【当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて】 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
公開日: 2016/10/19 最終更新日:2017/01/13