【新大久保 近江家】JRの駅前にある、創業から100年を越す超老舗店ながら親しみやすさも兼ね備えた名店

スポンサーリンク

新大久保駅前の超老舗の蕎麦屋さん



「そば処 百人町 近江家」は新大久保駅の改札を出て
目の前の大久保通りを渡ったところにあるそば屋さんです。

看板に創業が明治32年であることが
大きく掲げられ、入りには店で使用している
蕎麦の原産地(お邪魔した日は北海道雨竜町産)であることが掲示されている、
多国籍タウンである新大久保で、和のテイストを放っている
老舗の蕎麦屋さんです。
oumiya3.jpg
oumiya4.jpg

蕎麦屋さんの2代目店主以降が加盟する団体、木鉢会の
サイトによると、浅草の三筋町で修業した初代が
現在の青山付近で開業。1916年に現在の場所へ移転した、との事です。

2014年に改装した明るい店内



近江家さんにお邪魔するのはかれこれ4,5年ぶり。
当時は老舗らしい、落ち着いた佇まいの店内でしたが2014年に改装。
現在は、明るい雰囲気になってます。
oumiya2.jpg

多くの外国人が訪れる観光スポット、新大久保の駅前の
お店だけに近江家はランチタイム、ディナータイム問わず
終日混雑している超繁盛店。
カウンター席もあるので一人でも気軽に立ち寄れるのが
老舗の店にありがちな敷居の高さを感じさせません。

一番のおすすめポイントは丁寧な接客



近江家のそばはのど越しのシッカリした二八の蕎麦を
カエシの効いたツユで頂くスタイル。
oumiya5.jpg

この店を訪れるかなりの数のお客さんは
初めて「蕎麦」というものを食べるんだと
思いますが、そんな海外からの方へも
自信をもって、
「これが日本の伝統的な食べ物である蕎麦です」
と紹介できる逸品です。
oumiya1.jpg

そして、蕎麦以上に近江家さんのおすすめポイントは

接客がものすごく丁寧でフレンドリーである事。
かなりの繁盛店なのでホール担当の店員さんも
少なくはないのですが、それでも手一杯になってしまったときは
出来上がった蕎麦を、調理場の方が運んできてくれます。

蕎麦はタイミングが大切な食べ物なので、
お店のこの姿勢はかなり素晴らしいと思います。


そば処 百人町 近江家




エキテンのページ~http://www.ekiten.jp/shop_96123/

住所・東京都新宿区百人町2-4-1 サンビルディング1階
電話・03-3364-2341
定休日・土曜
営業時間・平日: 11:15~21:45(L.O.21:10)
      日祝: 11:15~21:15(L.O.20:40)
      都合により早目の閉店有り
      ランチ営業、日曜営業

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



プライバシーポリシー

【当サイトに掲載される広告について】 当サイトでは、第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 【当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて】 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
公開日: 2016/10/19 最終更新日:2017/01/13