FC2ブログ

【三鷹北口 そば処 布袋家】ボリューム満点の蕎麦が美味な老舗

スポンサーリンク

三鷹駅北口の老舗の蕎麦屋さん

三鷹駅の北口から徒歩で2分ほどの三井生命ビルの裏手の
ローソンストア100の向かいにある蕎麦屋、
そば処 布袋家」さんです。
hotei1.jpg
hotei9.jpg

創業が1935年、という事で、60年以上の歴史を持つ
老舗中の老舗の蕎麦屋さんで、武蔵野市の麺類組合の
「武蔵野地粉うどん開発プロジェクトチーム」の
メンバーだそうです。

「武蔵野地粉うどん」を提供している店に
来るのは初めてなので、詳しいことはわかりませんが、
高円寺や荻窪、国分寺にある「武蔵野うどん」とは
異なり、布袋家さんのうどん
もちもちした食感のうどん
hotei10.jpg

ゴツゴツした力強い食感の「武蔵野うどん」と
「武蔵野地粉うどん」は明らかにコンセプトが
異なるようです。

ちょっと気になる存在なので、
機会を作って武蔵野地粉うどんを
提供している他の店に足を
運んでみたいと思います。

ダシの旨味が活きたツユにコシの強い蕎麦

別の機会に布袋家さんにおじゃました時は
冷やしおろしそばをオーダー。
蕎麦が見えないほどの具だくさんな上に
大根おろしがピリリと効いていて
ダシの旨味が活きたツユに
コシのシッカリした蕎麦がぴったりマッチ。
かなり美味でした。
hotei7.jpg

あと、大盛りで注文したんですが
大盛りは2玉分らしく、かなりのボリューム。
ご飯ものとのセットにしなくても
かなり満足できました。

そば処 布袋家

住所:東京都武蔵野市中町1-23-1
電話:0422-51-2875
営業時間:11:30~18:30
定休日:日曜

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ



ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



【麻布永坂更科本店】蕎麦そのものののど越しや風味の違いが楽しめました

スポンサーリンク

2年ほど前に「総本家永坂更科布屋太兵衛」を紹介しましたが
麻布十番にある3店の「更科」の内のもう一店、新一の橋交差点の
近くにある「麻布長坂更科本店」を紹介します。
azabunagasaka1.jpg

こちらの「更科」の創業は1950年、と新しめ。
それでも、日本の伝統的な食文化である
蕎麦」に真摯に取り組んでいる
拡張の高さが感じられます。
azabunagasaka4.jpg

オーダーしたのは3種類の蕎麦
同時に楽しめる三色そば。
azabunagasaka5.jpg

三色そばの三色は見た目にも
くっきりと色味が異なり、
眼でも楽しめました。

手前の白い蕎麦は御膳で、
真中の緑色の蕎麦は茶そば。
奥のほんのり黄色い蕎麦はらんぎり。
azabunagasaka6.jpg

純白で細切りの御膳そばは
ちょっと見は繊細そうですが
実際は物凄くコシの強い蕎麦

茶そばはかすかに茶の香りがする
独特の風味。
御膳そばに卵黄を練り込んだ
らんぎりは柔らかめの食感。

明確に3種類のそばの
異なる味わいが楽しめたので
大満足でした。

麻布永坂更科本店のウエブサイト~http://www.sarashina-honten.com/
麻布十番商店街のホームページ~http://www.azabujuban.or.jp/shop/shop_list/gourmet/356/

麻布永坂更科本店

住所:東京都港区麻布十番1-2-7
電話:03-3584-9410
営業時間:11:00~22:00(※21:30Lo)
定休日:月曜

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ



ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



【中野 長岡屋】創業90年を越え、地元に根付いた老舗の蕎麦屋さん

スポンサーリンク

早稲田通り沿いにある家族経営の蕎麦屋



長岡屋は中野駅北口からサンモールをまっすぐ進み、
ブロードウェイを突っ切って早稲田通りを渡り、
新井薬師に向かうあいロードの手前にある
蕎麦屋さんです。
nagaoka07.jpg
nagaoka6.jpg

お店の入っているビルの名前が
「ビルドナガオカ」で、入り口の横に
「創業昭和2年」と記されていることから
かなり以前からこの場所で、
暖簾を掲げているお店だとわかります。

家族経営の店舗らしく、アットホームな雰囲気



接客を担当しているのはお母さまといった感じの方で、
厨房で調理を担当しているのは息子さんと思われます。
建物こそ今風のビルディングになってますが
昔ながらのアットホームで、居心地の良い雰囲気の
お店でした。

今回お邪魔したときは先客が3組、5名いらっしゃったんですが
それぞれにお母さまか息子さんと顔なじみらしく、
お客さんも長く通ってる方たちばかりと思われます。
nagaoka03.jpg

お子様向けのメニューも用意されてました



老舗のお店らしく、メニューはそば、うどんの単品から
ご飯物までラインナップされ、セットメニューも。
また、焼酎や酒類に加え、お子様メニューとして
「どらえもん」なるメニューもあるので
家族連れでお邪魔してもお父さんから小さなお子さんまで
楽しめそうです。
nagaokadoraemon.jpg

このメニューラインナップに長岡屋さんの
家族的な雰囲気を大切にするお店のスタンスが
よく表れていると思います。

居心地の良い街のおそば屋さん



味にこだわりぬいた蕎麦屋というよりは
気軽にいつでもぶらっと立ち寄れる、長岡屋は
そんな居心地の良い街のおそば屋さんといった
感じのお店。

おかめそばのような温かい蕎麦のツユは
甘めの味わいで、茶そばやもりそばのような
冷たいそばのつゆはキリリとしたのど越し。
nagaoka06.jpg
nagaoka02.jpg

天気やその日の気分で、温かいそばにするか
冷たいそばにするか、どちらも美味しい、
長岡屋はそんなそば屋さんです。

食べログのページ~https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13068540/
営業:
定休日:毎週土曜日


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ



ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



【高円寺 本格手打うどん和乃家】ご店主のうどんに対する細やかな気遣いがみられるだけに応援したいうどん専門店

スポンサーリンク

うどん激戦区の高円寺南口にオープンした小さなうどん専門店



高円寺のパル商店街を新高円寺方面に進み、
ダイソーの手前の角を左折した左手側にある
カウンター席のみの小さなうどん専門店が
「本格手打うどん和乃家」です。

wanoya7.jpg


この周辺にはすぐ近くに武蔵野うどん
「とこ井」と「めんこや」がある、
都内でも珍しいうどん激戦区。
うどん好きにはたまらないエリアです。

メニューはいたってシンプル



店内のキャパは9席ほど、とかなり
こじんまりしていて、うどんのメニューも
さらしうどん(冷)に湯だしうどん(温)の
2種類のみ、とかなりシンプルです。

メニューのバリエーションは
トッピングとして、
だし天(揚げ玉)、おろし大根、
おろし山芋、舞茸天ぷらの
4種類、とこれまたシンプル。

和乃家で提供しているうどんは
コシが強めの中太麺で
茹で時間も5分前後。

wanoya.jpg


さらしが500円で湯だしが550円、と
価格はリーズナブルですが、
一人前の量がかなり少なめなので
大盛りか2人前で注文した方が
よいと思います。

茹で加減は湯だしはかなり
柔らかめでした。

店員さんの丁寧な仕事ぶりは好感が持てますが・・・



うどんは注文ごとにまな板の上で
ほぐしてから茹でられて、
ご主人のうどんに対する
細やかな気遣いが感じられます。
wanoya5.jpg

ただ、かなりコンパクトなお店なので
前述のように席数が9席の店内といっても
5名も入ればかなり窮屈になるであろう
お店で、客単価が1000円に満たない価格で
営業していて、採算が採れるのか
心配になってしまいます。

一人前の量が少なめなのはコストを考えての
事なのか、茹で釜のサイズが大きくないからも
しれませんが量を増やして価格を上げるとか、
メニューの数を増やしてベースとなる客単価を上げるか
大きな釜を導入して売り上げを上げていかないと
店舗を継続していくのは難しそうです。
wanoya4.jpg

店舗の基本情報ももう少し
ウエブに上げておくと
よいと思います。
wanoya8.jpg

うどんに対して愛情をもって
丁寧に接しているご主人だけに
改善すべき点をブラッシュアップして
お店を運営していってほしいと思います。

食べログのページ~https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13217697/
営業:[月~土]11:30~14:30 16:30~20:00
定休日: 日曜日

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ



ブログランキングならblogram

スポンサーリンク



スポンサーリンク

にほんブログ村&web拍手

プライバシーポリシー

【当サイトに掲載される広告について】 当サイトでは、第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 【当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて】 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html
公開日: 2016/10/19 最終更新日:2017/01/13